スポンサーサイト


「スポンサーサイト」を他のサイトで探す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の人権活動家 成田空港で泊まり込み


「中国の人権活動家 成田空港で泊まり込み」を他のサイトで探す


【11月12日 AFP】中国の著名な人権活動家、馮正虎(Feng Zhenghu)氏が、中国政府に帰国を拒否され成田空港で9日間、立ち往生している。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)が「投獄されたことのある著名な人権活動家」として名前を挙げる馮氏は、米映画『ターミナル(The Terminal)』の国籍を失った主人公さながらに、今月4日から、成田空港第1ターミナルの入国審査付近のベンチで寝起きしている。馮氏は12日、AFPに「これで8泊9日目だ。飲み食いもろくにしていない」と中国語で語った。

 馮氏は今年数か月間、日本に滞在した後にこれまでに8回、帰国を試みているが、4回は上海(Shanghai)の浦東国際空港(Shanghai Pudong International Airport、PVG)で当局に入国を禁じられ、強制的に引き返させられた。残りの4回は日本の航空会社に搭乗を拒まれたのだという。「こうした行為にわたしは強く抗議を表明したい。国連(憲章)の下、いかなる国にも、その国民の市民権を否定する権利はない」。

 中国の旅券はまだ3年間有効で、日本へのビザも切れていないが「家に帰りたい」。馮氏はこうした試練にもめげず健康状態に問題はなさそうで、ひげもきれいにそっているが、胃は小さくなってしまったとたどたどしい日本語で語った。(c)AFP

中国の人権活動家、成田空港で9日間立ち往生

別の報道によると馮氏の家族を通じた中国政府(中共)の説得?脅迫?が行われているようです
馮氏の行動が国際問題に発展することを中共はかなり恐れている模様

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。


関連記事

中国の人権活動家 成田空港で泊まり込み

テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する
※管理人が不適切と判断したコメントは反映されない場合があります。
  ご了承ください。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:asgijp
YouTubeやニコニコ動画で削除されてしまう?動画をまとめていきます。

ピックアップ動画
カテゴリーメニュー
カレンダー
<< 09 | 2017/10 | 11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
カスタム検索
リンク
このブログをリンクに追加する ブログパーツ
最近の記事
RSSフィード

YouTube ニコニコ動画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。