スポンサーサイト


「スポンサーサイト」を他のサイトで探す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生太郎 2008年9月29日 所信表明演説 ~第170回国会における麻生内閣総理大臣 所信表明演説~


「麻生太郎 2008年9月29日 所信表明演説 ~第170回国会における麻生内閣総理大臣 所信表明演説~」を他のサイトで探す

麻生太郎 2008年9月29日 所信表明演説 1/3


麻生太郎 2008年9月29日 所信表明演説 2/3


麻生太郎 2008年9月29日 所信表明演説 3/3


~第170回国会における麻生内閣総理大臣 所信表明演説~



この言葉よ、届けと念じます。ともすれば、元気を失いがちなお年寄り
若者、いや全国民の皆さん方のもとに。

申し上げます。日本は、強くあらねばなりません。
強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として
一層の飛躍を成し遂げる国であります。

日本は、明るくなければなりません。
幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が
驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて
わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い
微笑む国民だったことを知っています。
この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。
蘇らせなくてはなりません。

日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。
人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子どもたちの未来に、夢を。

わたしは、これらをもたらし、盤石のものとすることに本務があると深く肝に銘じ、
内閣総理大臣の職務に、一身をなげうって邁進する所存であります。

わたしは、悲観しません。
わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑問も抱いたことがありません。
時代は、内外の政治と経済において、その変化に奔流の勢いを呈するが如く
であります。
しかし、わたしは、変化を乗り切って大きく脱皮する日本人の力を
どこまでも信じて疑いません。
そしてわたしは、決して逃げません。


麻生太郎 2008年9月29日 所信表明演説

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。


関連記事

麻生太郎 2008年9月29日 所信表明演説 ~第170回国会における麻生内閣総理大臣 所信表明演説~

テーマ : 麻生太郎 - ジャンル : 政治・経済

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する
※管理人が不適切と判断したコメントは反映されない場合があります。
  ご了承ください。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:asgijp
YouTubeやニコニコ動画で削除されてしまう?動画をまとめていきます。

ピックアップ動画
カテゴリーメニュー
カレンダー
<< 08 | 2017/09 | 10 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブログ内検索
カスタム検索
リンク
このブログをリンクに追加する ブログパーツ
最近の記事
RSSフィード

YouTube ニコニコ動画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。